FXでトレードを行う場合、そのトレーダーは4つあるスタイルのうちいずれかに分類されることになります。

複数のスタイルを並行して行っている人もいますが、基本的には取引にかける時間に応じてスキャルピングトレード、デイトレード、スイングトレード、ポジショントレードの四つに分類できるのです。



ではそれぞれはどう言ったスタイルかと言うと、まずスキャルピングトレードは銭単一の動きを見て売買を繰り返すタイプのトレードです。

1銭でも上がったのならそれで利益を確定する、1銭でも下がったのならそれで損失を確定すると言った瞬間的なトレードを繰り返して利益を出して行くのがこのスタイルです。続くデイトレードはFXの中でも特に多く見られるスタイルで、これは短い時間で戦略を考えて寝る前に全ての通貨を決済するといったスタイルになります。

スキャルピングトレードよりも動きが大きいため利益も損失も出やすく、また寝ている間の相場の動きは関係ないためプライベートの生活と両立しやすいといった特徴があるスタイルと言えます。

今、話題の47NEWSの優良サイトならこちらで見つかります。

三つめのスイングトレードは値動きに応じて売り買いを決めるスタイルです。
例えば米ドルが上がり調子なら買っておいて、しばらくして下降しはじめたら決済するといったようなスタイルがこのスイングトレードに当たります。
相場の値動きによってかける時間は変わりますが、おおよそ1週間などの単位で取引を行うことが多いと言えるでしょう。

トルコリラの知識が一目瞭然です。

そして最後のポジショントレードは、これまでの三種よりも長い時間をかけてトレードを行うスタイルになります。長ければ数年間ひとつのポジションを取り続けることもあるため時間が非常にかかるのに対し、利益が出そうな時にはそれを極限まで大きくできるのがこのスタイルの特徴です。


ただFXを行っている人の多くはなるべくこまめに利益を出すことを好みますから、ポジショントレードを行うのは機関投資家などがメインです。