FXにはレバレッジに上限が定められています。法的な規制もありますし、契約上の上限もありますが、どちらにしてもいくらでもレバレッジを高められるわけではないという点に注意しなければなりません。



法律上の規制では上限が25倍になっていますから、25倍を上限としてここでは解説します。


もしもレバレッジが25倍を超えてしまった場合、強制的に決済がなされてポジションはすべてクローズします。

このような状態になると、投資家はその後の予想が当たったとしてもポジションがなければ利益を得ることはできません。

そのために、レバレッジが高くなりすぎて強制決済に近づいてくると、それを通してくれるサービスがあります。

ビジネスジャーナルについてお答えします。

これがマージンコールと呼ばれる仕組みです。マージンコールが発生した時点で、そろそろ手を打たなければならないと考えなければなりません。

できることならマージンコールが発生しないような取引をした方が良いのですが、そうなってしまったのなら仕方のないことだと言えるでしょう。



マージンコールが発生したときにはどう対処すれば良いのかというと、FXの基本はポジションを閉じることです。
証拠金を積みまして回避するという方法もありますが、マージンコールが発生している時点では相当な含み損を抱えているはずです。

つまり、ロスカットに失敗している状態だと言えるでしょう。

このような場合には、いったんはポジションを閉じて損失を点綴するのがFXのセオリーです。